HOME > 3本足のルー > クーとの再会

クーとの再会

 クーは、ペットショップのガラスケースに1週間ほど入ったのち、買われて行きました。夫はその間、そーっと見に行ったそうですが、私は涙が溢れそうで行けませんでした。

 買われて行った直後、ペットショップのオーナーが替わり、買い手の情報を得ることが困難となりました。

 どこの、どんな人に飼われているのか?・・・・スキンシップが大好きで、抱っこされるのが大好きな甘えん坊なのに、庭の隅の方につながれ、散歩もろくにしてもらえず、泥まみれになって、寂しい思いをしているのではないかしら?と頭に思い描くのは悪いことばかり。心配で心配でなりませんでした。

 どういうルートでか、夫がやっと飼い主を突き止めたのは、1年も過ぎた頃でした。

 我が家に飼い主ご夫婦とクーがいらして下さる、とのご連絡をいただいた時には、チャーリーがうれションした時みたいに、私は狂喜してしまいました。

 およそ1年ぶり出会うクー。我が家のリビングに入ると、飼い主のご主人にしがみつき、抱っこしたまま、下へ降りようとしません。生まれた場所なのに、大運動会をした場所なのに、すっかり忘れてしまったようでした。

 今の名前はポコちゃん。上品できれいな顔立ちの、でも繊細で少し臆病な犬に成長していました。

 我が家の子ども達、ナナ、つとむ、ルーも一緒に、少し離れた公園に遊びに行きました。

 ポコちゃんは、母犬、兄弟犬のこともすっかり忘れ、我が家の3匹と子供達の激しい遊びに恐れをなして、一緒には遊べませんでした。挙句の果てに、つとむがポコちゃんに喧嘩を吹っ掛けて、取っ組み合いを始めてしまいます。すっかりおびえてしまったポコちゃん。ポコちゃんにとっては、さんざんな、最低な1日だったことでしょう。

 でも、良い飼い主さんに飼われ、大事に育てられていることが分かり、私たちの方は一安心、やっと心配から解放されました。

 篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
 クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
 故小島芳子愛用の名器



 





「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。