HOME > 西方音楽館基金

西方音楽館基金

西方音楽館と西方音楽館の活動を経済的に支えていただきたく、西方音楽館基金を設けました。

西方音楽館は開館以来、多くのご支援を賜ってまいりました。2012年2月以降は、[木洩れ陽ホール(約65席)] と [馬酔木の蔵(約30席)]  2つのホールをリニューアル・オープンし、演奏会の他に、西方音楽院を開校しピアノ科、チェンバロ科、作曲教室、ギター教室、オカリナ教室、わらべうた教室、講習会、講演会などの活動を新たに展開してきました。コンサートや音楽教室に活用される [木洩れ陽ホール] は音がとても美しく響き、とりわけ古楽に向いた音響であるという定評を得ています。2016年4月には非営利の財団法人「一般財団法人西方芸術振興財団」を立ち上げ、フォルテピアノやクラヴィコードなどのご寄付をいただきました。
しかしこのような小規模の施設で充実した内容の催しを企画・運営し、さらに楽器を維持していくためには、皆様からのご支援が是非とも必要です。私共は充実した運営体制と活発な広報活動によって、質の高い音楽活動を目指してゆきたいと考えております。音楽を愛する方々、自ら楽器の演奏を続けていらっしゃる音楽愛好家の方々に、ぜひこの活動のご支援をお願いする次第です

 一般財団法人西方芸術振興財団の目的、事業をお知らせいたします。

(目的)

当法人は,楽器および芸術作品を保護し、且つ公に活用すること及び、音楽はじめ文化芸術を学ぶ者、音楽及び文化芸術活動を行っている者を支援することを目的とする。

 

(事業)

この法人は,前条の目的に資するため,次の事業を行う。
(1)公に活用する事業に対する楽器などの貸し出し、及び支援
(2)教育目的の事業に対する楽器などの貸し出し、及び支援
(3)楽器および芸術作品の維持、定期的な点検や調整、修理
(4)音楽はじめ芸術を学んでいるもの、音楽及び芸術活動を行っているものに対する、経済的支援および助言
(5)楽器および芸術作品を保護するために必要な設備、建物の改修・増築、新たな建物の建設やその土地買収等に掛かる費用への経済的支援
(6)その他前各号に関連する事業

 西方音楽館の組織

 

●西方音楽館

木洩れ陽ホール、馬酔木の蔵を所有し、音楽院を併設する施設(館長:中新井紀子、西方音楽院講師:横山博)

●西方音楽館友の会

コンサート、講習会などを主催する非営利の団体
運営委員:中新井紀子(西方音楽館館長)、岡田龍之介(チェンバロ奏者)、木下大輔(作曲家)、永田美穂(音楽学)、山村多恵子(オカリナ奏者)、横山博(鍵盤楽器奏者)

●一般財団法人西方芸術振興財団


西方音楽館の楽器を所有、管理し、また音楽・芸術活動を支援する非営利の財団

理事:中新井紀子(西方音楽館館長)、横山博(西方音楽院講師)、山村多恵子(オカリナ奏者)

評議員:久保田慶一(国立音楽大学副学長、音楽学)、今井奈緒子(東北学院大学教授、オルガニスト)、羽賀美歩(フォルテピアノ奏者、ピアニスト)

 一般財団法人西方芸術振興財団所蔵楽器



フォルテピアノ 

クリストファー・クラーク 1994年製作

(1795年 A.ヴァルター製作のレプリカ、故小島芳子愛用楽器)



ペダルクラヴィコード 

小渕晶男 2016年製作

(1760年 J.D.ゲルステンベルク製作のレプリカ)



フレミッシュ・チェンバロ

Craig Tomlinson 2000年製作

1段鍵盤 レジスタ:8' 8' 4' リュートストップ



ボックスオルガン

Willem N de Jongh 2000年ころ製作

1段鍵盤 レジスタ:Gedekt8' Fluit4' Octaaf2' Quint Tertz



モダンピアノ

ニューヨーク・スタインウエイB 1978年製

※所蔵楽器はすべて有志の方々のご寄付によるものです。

 今後かかる具体的費用としましては、

 

1.所蔵古楽器で演奏したCDを作成し販売する費用として200万円。
2.所蔵楽器のメンテメンス費用として、300万円。
3.2017年西方音楽祭にかかる費用として、50万円。
4.西方音楽館の楽器を、他会場へ運び込んでのコンサートにかかる費用1回につき10万円。
5.高額な利用料の他会場での主催コンサートのかかる費用1回につき10万円。
6.西方音楽館木洩れ陽ホールエントランススペースを改造し、楽器置き場を得るために、600万円。
7.西方音楽院でご指導いただく講師の方々に十分な謝礼を差し上げるために、300万円。

ご寄付の際、用途もお知らせください。
◆具体的用途を問わないご寄付も歓迎いたします。お名前は台帳に記録として残させていただきます。

 特典の内容


いずれへのご寄付の場合でも、

1000円以上1万円未満のご寄付の方には、所蔵古楽器の絵葉書を進呈いたします。
●万円以上50万円未満のご寄付の方には、所蔵古楽器の絵葉書およびCDを1枚進呈いたします。
50万円以上100万円未満のご寄付の方には、所蔵古楽器の絵葉書およびCDを1枚進呈いたします。加えて、コンサートへのご招待状10枚を差し上げます。
100万円以上のご寄付の方には、所蔵古楽器の絵葉書およびCDを1枚進呈いたします。加えて、コンサートへのご招待状20枚を差し上げます。

 

加えて

●上記1.2.へ50万円以上ご寄付いただいた方には、CDにお名前を入れさせていただきます。
●上記3.4.5.へ10万円以上ご寄付いただいた方には、プログラムにお名前を入れさせていただきます。
●上記6.へ100万円以上ご寄付いただいた方は、改造スペースにお名前を刻んだプレートを貼ります。
●上記7.へ50万円以上ご寄付いただいた方には、新たに作成する西方音楽院のパンフレットにお名前を入れさせていただきます。

(お名前の公表をご希望なさらない方は、その旨お知らせください。)

 振込先

 

いずれへのご寄付の場合でも、

ゆうちょ銀行 記号10700 番号32228731
普通預金 一般財団法人西方芸術振興財団
 
足利銀行 店番号161 口座番号5016746
普通預金 一般財団法人西方芸術振興財団
代表理事 中新井 紀子
 
みずほ銀行 栃木支店 店番号706 口座番号1998807
普通預金 一般財団法人西方芸術振興財団

 
ご寄付くださいました方は、ご面倒でも西方音楽館までご一報いただけますと、ありがたいです。

西方音楽館
〒322-0601
栃木県栃木市西方町金崎342-1 
Tel.0282-92-2815 
携帯.090-5535-9857
Fax.0282-92-2915
E-mail:info@wmusic.jp

 

 篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
 クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
 故小島芳子愛用の名器



 





「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。