HOME > 施設利用のご案内

西方音楽館をご利用頂くには

西方音楽館では皆様が施設をご利用していただけるようになっています。ホールのレンタル利用料金のご案内です。イベント内容・予算・人数・内容等について、お気軽にお問い合わせください。皆様のご利用をお待ちしております。

木洩れ陽ホール

 泰山木、金木犀、椿、せんだんの木等、幾種類もの木々が茂る中に建つホールです。サントリーホール、紀尾井ホール等の音響設計を手がけた、音響設計の第一人者 永田 穂 氏の協力の元、造りました。
ニュヨークスタインウェイB、チェンバロ、フォルテピアノが常設。客席65席。

馬酔木(あしび)の蔵

 築約150年。木造漆喰の蔵。庭に馬酔木があり、春に可憐な花を咲かせます。馬酔木の学名はpieris japonica。pieris はギリシア神話で詩の女神。日本で万葉の時代から美しく歌われてきた花です。
ボックスオルガン(小型のパイプオルガン、オランダ製)常設。客席25席。

■ 一般財団法人西方芸術振興財団所有楽器、使用規定

楽器使用の限定について

・フォルテ・ピアノ、チェンバロ、オルガン、ペダルクラヴィコードに関して
楽器を使用できるのは、それぞれの楽器について専門的に学んだ経験がある者、すでにコンサートの経験が数回ある者、現在学んでいる者に限定する。
専門に学んだ講師の指導を受けながらの公開レッスン、西方音楽院でのレッスンなどでは、上記以外の者も奏することが出来る。
・特殊な奏法に関して
 財団所有のピアノでは、内部奏法、プリパレーションなど、楽器本来の奏法から外れ、楽器を痛める恐れのある特殊な奏法は、禁止とする。
 財団所有の他楽器についても、本来の奏法から外れ、楽器を痛める恐れのある特殊な奏法は禁止とする。
・評議員会、理事会で、使用不可と判断した者は、使用することが出来ない。

■楽器料金のご案内

一般財団法人西方芸術振興財団所有楽器の使用料金が正式に決定しました。
2017年4月1日以降お申込みの方から、下記料金とさせていただきます。

一般財団法人西方芸術振興財団所有楽器
●ニューヨークスタインウェイB 1978年製

●フォルテピアノ クリストファー・クラーク 1994年製作
 (モデル:A.ヴァルター1795年製作)故小島芳子愛用楽器

●ボックスオルガン Willem N de Jongh 2000年頃製作
 1段鍵盤 レジスタ:Gedekt8’,Fluit4’,Octaaf2’,Quint Tertz

西方音楽館内 1時間

西方音楽館友の会会員:2,000円

 これにホール使用料(A会員は1割引き、B会員は2割引き)が加わる。

西方音楽館友の会会員以外:3,000円

 これにホール使用料が加わる。

西方音楽館内 コンサートなど1日(10:00〜21:30)

西方音楽館友の会会員:10,000円

 これにホール使用料(A会員は1割引き、B会員は2割引き)が加わる。

西方音楽館友の会会員以外:30,000円

 これにホール使用料が加わる。

※調律料金は別途となります。

※スタインウェイ、フォルテピアノ、ボックスオルガンの調律、調整につきましては、西方音楽館指定の方、となります。

西方音楽館外への持ち出し コンサートなど1日(24時間以内)

西方音楽館友の会会員:30,000円
西方音楽館友の会会員以外:50,000円

※運搬費、調律料金は別途となります。

チェンバロ、フォルテピアノ、ペダルクラヴィコード、ボックスオルガンの使用につきましては、経験者のみ、とさせていただきます。

■ホール使用料のご案内

ホール使用料

木洩れ陽ホール

  • ■練習・リハーサル 1時間:3,000円
  • ■コンサート・講習会・各種教室など、人の集まる催し・有料の催し
  •  1時間:4,000円(尚、コンサートにご使用の場合はパック料金がございます。)

馬酔木の蔵

  • ■用途を問わず 1時間:2,000円

旧宅(和室1、洋室1)

  • ■1時間:1,000円
  • ■+台所使用時 1時間:+1,000円

木洩れ陽ホール、馬酔木の蔵、旧宅の各空間共通

  • ■冷房・暖房費 1時間:500円

コーヒーサービス

  • ■20名から65名分くらいまで可 3,000円

コンサートパック料金

コンサート当日

 ■木洩れ陽ホール使用 6時間
 ■馬酔木の蔵使用(お客様の休憩室、喫茶室として) 3時間
 ■旧宅和室(演奏者の控室として) 6時間
 冷暖房費込み

コンサート前

 ■リハーサル用に木洩れ陽ホール2時間使用
   以上すべて込みで、1回のコンサートにつき30,000円

西方音楽館貸し時間

  • ■午前9:00~午後10:00■土曜日のみ 午後0:00~10:00

備考


・ホール内は飲食禁止、蔵内は応相談とさせていただきます。飲食を伴う催しにつきましては、ご相談下さい。
・ご予約は、6か月前より。会員の方は1年前よりご予約可能。
西方音楽館友の会会員は、1割引き
・貸しホールでの催しに際しては、西方音楽館関連のチラシ類を挟み込み、あるいは配布させていただきます。ご了承ください。
・西方音楽館での催しのみ、チケットを取り扱います。チケット代の一割を手数料とさせていただきます。
・空調は西方音楽館側で管理いたします。
・コンサート中も、1席使用させていただきます。


■音楽合宿所

音楽合宿所を2017年1月より始めました。

宿泊料

1人1泊   3,000円(素泊まり)
 朝食付   +500円
 夕食付  +1,000円

西方音楽館の寝具使用可(無料) 寝具持ち込み可
貸し布団使用時は、貸し布団使用料金が加算されます。
※ホールを利用しない宿泊だけはお断り申し上げます。 
※コンサート後は、この料金でお泊りいただくことも出来ます(お1人様から可)

洩れ陽ホール、馬酔木の蔵、旧宅(台所付き) 全面使用料金 

1日 (24時間)   30,000円
1日半(36時間)  50,000円
2日 (48時間)  60,000円
2日半(60時間)  80,000円
3日 (72時間)  90,000円

スタインウェイピアノ 使用料

1日 10,000円

チェンバロ・フォルテピアノなど古楽器の使用料

経験者限定、要相談

定員

5名以上10名まで
10名を超える場合は、要相談
4名以下は1人1泊 4,000円になります。

備考

合宿での音出しは、午前9:00~午後11:00までとする。この時間を超えて音を出す場合は、要相談のこと。
・半年前からご予約いただけます。ご予約後2週間以内に半額をお支払いいただき、キャンセルの場合でも返却いたしません。残りの半額は、合宿終了時にお支払いいただきます。
・日程につきましては、西方音楽館にご相談ください。
・西方音楽館友の会会員割引はありません。

貸しホールイベント情報

高橋幸江ヴァイオリンコンサート 「風と火といのち」

高橋幸江(ヴァイオリン)
篠崎のぞみ(ピアノ)

日時
2019年4月28日(日)
13:30開場 14:00開演
会場:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由 一般3,000 /高校生1,500 円/ 小中学生無料
未就学児のご入場はご遠慮ください。
曲目
高橋幸江自作音楽作品

北のカムイの世界を乞う歌 アイヌの精霊が教えた歌

バルトーク

ヴァイオリンとピアノのための狂詩曲第1番Sz.87

ファリャ

7つのスペイン民謡

カタロニア民謡

鳥の歌 他

お申し込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp
■栃木市栃木文化会館
TEL:0282-23-5678
■小山市立文化センター
TEL:0285-22-9552
■宇都宮市文化会館
TEL:028-636-2121
■栃木県総合文化センター
TEL:028-643-1013
お問合わせ
TEL:090-5585-6263(高橋)




高橋 幸江 (ヴァイオリン)

栃木県栃木市に生まれ、4歳からヴァイオリンを習い、14歳でプロ演奏家を志す。1998年岩舟町コスモスホールにてアマチュア最初の自主リサイタルを行い 、学生時代に第26回栃木県学生音楽コンクール第1位、第6回日本演奏家コンクール第1位、 第1回レガシィ・ヴァイオリンコンクール第1位、 併せて審査員特別賞、ヤマハ賞を受賞。 日本演奏家コンクール首位の際には、旧東京音楽学校奏楽堂にて演奏。2005年東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ヴァイオリン)に入学。2007年東京音楽大学より奨学金を得て、モーツァルテウム音楽大学夏季サマーアカデミーに参加、Igor Ozimのクラスを受講しディプロマ取得。 2009年フリーランスのヴァイオリン奏者として自立、自主主催コンサート、またソロ、室内楽、オーケストラ等の依頼を受け演奏し、2011年後進の指導も始める。2015年自身の精神的な最初のアルバム「ゆきえ」を制作。現在「Yukie Music Production」音楽制作者、「良い音楽を未来に伝える会」代表、「高橋幸江ヴァイオリン教室」指導者。
ヴァイオリンと共に、自由な心の旅をしながら今生を歩みたい。そう心に希望を抱いて船を出し、これまで主要なコンサートに「日本の心と魂」「J.S.バッハ 大作 “無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ”を弾く」「魂が動く」「愛」「希望」があり、西方音楽館木洩れ陽ホール(栃木)を中心に継続している。プライベートでは自作音楽作品群「私の心の写真」を手がけ、このコンサートが最初の作品発表となる。また「生命をもった魂の旅」と題した古の民族の精神文化を学ぶ旅、また大自然の聖域を訪ねる旅を続けている。奥秩父荒川の源流にて縄文時代に起源を持つ古代の蘇生術、滝行を7年に渡り続け、心身の浄化と共に養生を進め芸術活動をも生かされ今日に至る。小さな滝行指導者としての道も歩んでいる。

篠崎 のぞみ(ピアノ)

栃木県宇都宮市に生まれ、5歳よりピアノを始める。2001年下野新聞社主催栃木県ピアノコンクール3,4年生の部最優秀賞受賞。2003年同コンクール5,6年生の部最優秀賞、及び大賞受賞。2006年栃木県ジュニアピアノコンクール中学生の部優秀賞受賞。2007~2010年ウィーン国立音楽大学、ウィーンコンセルバトリウム私立音楽大学、フライブルグ音楽大学にて、春期、夏期と年に2度マスタークラスを受講。2007、2009年ドイツ・ベルリンにて独日協会主催 「若手日本人ピアニストコンサート」に招待され、大成功を収める。2008、2009年大阪国際ピアノコンクール高校生の部 ファイナリスト。2011年ウィーン・コンセルバトリウム私立音楽大学ピアノ科入学Prof.Karl Barthに師事。2015年 3月ウィーン・コンセルバトリウム私立音楽大学 ピアノ科Bachelor を優秀な成績で卒業。留学中、オーストリア国内で数々のコンサートを行う。帰国後、地元宇都宮にて帰国記念ピアノリサイタルを開催し、好評を博す。現在、演奏活動、または作新短大の非常勤講師として後進の指導に努めている。これまでに、仲山笑子、Prof.Karl Barth、Prof.Roland Batik、Prof.Michael Leuschner、Prof.Wolfgang Watzinger、Prof.Jan Gottlieb Jiracek に師事。

篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器












「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く