HOME > これからのコンサート&イベント

これからのコンサート&イベント

赤ちゃんとお母さんのための音楽会

わらべうたを歌って、お母さんと一緒に遊んだり、ピアノ、フォルテピアノ、チェンバロ、小型パイプオルガン、オカリナの音楽に耳を澄ませたり、お母さんが子守唄を覚えたり、親子で音楽で遊ぶ会です。お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんの参加も歓迎します。

演奏

わらべうたと演奏:中新井紀子

日時
2018年8月11日(土) 11:00 11:45
2018年9月20日(木) 11:00 11:45
参加費
お子様(0歳から2歳児)1人500円
大人(お兄ちゃん、お姉ちゃんも)1人1,000円
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール&馬酔木(あしび)の蔵
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp
■栃木県総合文化センター TEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館 TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館 TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホール TEL:0282-27-8855

Soprano Duo Summer Concert in Tochigi 2018
ソプラノデュオコンサートvol.3
帰ってきた!夏の栃木・西方

北岸 陽子(ソプラノ)
平松 深雪(ソプラノ)
西川 典子(ピアノ)

公演
2017年8月26日(土)
15:00開場  15:30開演
会場:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由 一般3,000 円 中学生以下1,000円
曲目
イタリア歌曲
ヘンデル "Ombra mai fu” "Lascia ch'io pianga”
ロッシーニ "La promessa"
「ドン・ジョバンニ」より モーツアルト
"Batti batti o bell Masetto"ぶってよマゼット
"Vedrai carino"ご覧なさい可愛い人
ドイツ歌曲 R.シュトラウス
"Morgen!"~明日!~ "Zueignung"〜献呈~
ドボルザーク
"母の教えたまいし歌"
「ルサルカ」より"月に寄せる歌"
日本歌曲
"落葉松”小林秀雄 "さくら横ちょう”中田喜直
"ロマンチストの豚” "さびしいカシの木”やなせたかし詞/木下牧子 作曲
”りんご追分” "見あげてごらん夜の星を” ”さとうきび畑"
ミュージカル"サウンド・オブ・ミュージック" "すべての山に登れ" 他
お申込
■N-coast企画
Fax:03-3631-2201
Pコード:116822
■西方音楽館

西方音楽館友の会 第54回コンサート
久元祐子 モーツァルト・ソナタ全曲演奏会シリーズ Vol.4

後援 日本モーツァルト愛好会

モーツァルトの専門家でもあるピアニスト久元祐子のモーツアルト ピアノソナタ 全曲演奏会シリーズの第4回目。西方音楽館常設のニューヨークスタインウェイで、正統的、かつ美しいモーツァルトの演奏をお楽しみいただきます。コンサート後、いつものように公開レッスンも行います。

久元 祐子(ピアノ)

場所日時
2018年9月8日(土)
開場13:30 開演14:00
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由 前売り¥3,500(当日券4,000円)
     学生券¥1,800(25歳まで)
※未就学児の入場不可。
曲目
喜歌劇「ジュリー」(二コラ・ドゥゼード)のアリエッタ
「リゾンは眠っていた」による 9つの変奏曲
ハ長調  KV264
ピアノ・ソナタ ニ長調  KV311
喜劇「セビリアの理髪師」のロマンス
「私はランドール」による 12の変奏曲
変ホ長調  KV354
ピアノ・ソナタ イ短調  KV310
お申込
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855



久元 祐子 YUKO HISAMOTO

東京芸術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。
ウィーン放送交響楽団、ラトビア国立交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、ウィーン・サロン・オーケストラ、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。

知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受けている。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。
ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などを所蔵。歴史的楽器を用いての演奏会や録音にも数多く取り組み、それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。
2010年、ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルを使っての演奏会に出演。軽井沢・大賀ホールにおいて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾りベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。
国立音楽大学創立90周年記念楽器学資料館ピアノプロジェクトとして2013年に開催されたレクチャーコンサートで歴史的楽器5台を使用したコンサートに出演し、2014年には「黎明期のピアノ~プレイエル、シャンツ、ブロードウッド」(サントリーホール・ブルーローズ)に出演。
2012年、2014年イタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。
これまでCD12作をリリース。「優雅なるモーツァルト」は毎日新聞CD特薦盤、レコード芸術特選盤に選ばれ、「ベートーヴェン”テレーゼ””ワルトシュタイン”」はグラモフォン誌上で「どこからどう考えても最高のベートーヴェン」など高い評価を得る。
著書に「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテスパブリッシング)、「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」「ショパンとプレイエル・ピアノ」「リストとベーゼンドルファー・ピアノ」(いずれも学研プラス)など。
国立音楽大学教授 日本ラトビア音楽協会理事、PTNA評議員。
久元祐子ウェブサイト  http://www.yuko-hisamoto.jp/


【同日開催】公開レッスン

日時
2018年9月8日(土)16:00〜
聴講料
¥3,000
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器










「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。