HOME > これからのコンサート&イベント

これからのコンサート&イベント

赤ちゃんとお母さんのための音楽会

わらべうたを歌って、お母さんと一緒に遊んだり、ピアノ、フォルテピアノ、スピネット(小さなチェンバロ)、小型パイプオルガン、オカリナの音楽に耳を澄ませたり、子守唄を覚えたり、音楽で遊ぶ会です。
もちろん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんの参加も大歓迎!

演奏

わらべうたと演奏:中新井紀子

日時
2019年3月21日(祝・木)
各回とも11:00〜11:45
参加費
0歳から2歳児まで 1人500円
3歳児から大人 1人1,000円
お申し込みは、事前でも、当日直接いらしても、どちらでも大丈夫です。
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール&馬酔木(あしび)の蔵
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp

西方音楽館友の会 第58回コンサート
第4回西方音楽祭 オープニングコンサート

フランス語で Fraise (フレーズ)は、苺(いちご)
苺の国、栃木で生まれたクラリネット・カルテット

Clarinet Fraise(クラリネット・フレーズ)
渡瀬 紀子(わたせ きこ/国立音楽大学3年)
中新井 諒子(なかあらい りょうこ/国立音楽大学3年)
長谷川 友美(はせがわ ともみ/昭和音楽大学3年
高松 真紀(たかまつ まき/東京音楽大学3年)

日時
2019年3月30日(土)
1回目公演 11:00〜12:30
2回目公演 14:30〜16:00
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由
未就学児500円  小学生〜高校生1,000円
大学生、大人2,000円
曲目
ジブリの曲/クラリネットを壊しちゃった
ピアソラ:リベラルタンゴ、タンゴの歴史
モンティ:チャルダッシュ
エルガー:愛の挨拶
お問い合わせ・チケット取扱
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

第4回西方音楽祭 お花見わらべうた

中新井 紀子(わらべうた&ピアノ、フォルテピアノ)
山村 多恵子(オカリナ)
Clarinet Fraise(クラリネット・フレーズ)
 渡瀬 紀子、中新井 諒子、長谷川 友美、高松 真紀

日時
2019年4月6日(土)
1回目公演 11:00〜12:00
0歳児~2歳児と保護者
2回目公演 14:00〜15:00
3歳児~小学生と保護者
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由
0歳〜2歳500円  3歳〜大人1,000円
曲目
わらべうた

ずーくぼんじょ、たんぽぽ、

うめとさくら、よもぎじょうぶ、他

演奏曲目

フォルテピアノ 桜前線:木下大輔

ピアノ 金平糖:湯山昭 

オカリナ さくら:日本古謡

お問い合わせ・チケット取扱
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

第4回西方音楽祭 リレーコンサート

ニューヨークスタインウェイB、フォルテピアノ、小型パイプオルガンを弾いてみよう!

日時
2019年4月7日(日)13:00〜
演奏参加費
1枠10分 1人1,500円(コンサートチケットをお持ちの方は1,000円)
フォルテピアノと小型パイプオルガンに関して、経験の薄い方は、事前にレッスンを数回受けていただきます(1レッスン30分+その後30分練習で3,000円)。
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
お申込み
■西方音楽館 ※会員の方はこちらまで
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

西方音楽館友の会 第59回コンサート
有森博ピアノリサイタル ~ショパン&ロシアの音楽~

有森 博(ありもり ひろし):ピアノ

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月13日(土) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
プロコフィエフ:束の間の幻影作品22
ショパン:ワルツ第2番変イ長調作品34-1「華麗なる円舞曲」
ショパン:ワルツ第6番変ニ長調作品64-1「小犬」
ショパン:ワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2
ショパン:ワルツ第8番変イ長調作品64-3
ショパン:ワルツ第1番ホ長調作品18「華麗なる大円舞曲」
チャイコフスキー:四季作品37bより  ほか
お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

16:45〜17:45

公開ミニレッスン

受講生の受付は終了しました。

受講料
一人 3,000円※受付終了
聴くだけの方は500円
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
お申込み
■西方音楽館 ※会員の方はこちらまで
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

有森 博(ありもり ひろし):ピアノ

1992年東京芸術大学大学院修了。その後モスクワにて研鑽を積む。第12回ショパン国際ピアノコンクール最優秀演奏賞。第5回シドニー国際ピアノコンクール第4位。第10回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門入賞。ラフマニノフピアノ作品全曲演奏会、プロコフィエフピアノソナタ全曲演奏会を成功させロシア音楽のエキスパートとして高く評価される。国内外の著名指揮者と協演を重ね、2004年には小澤征爾指揮サイトウ記念オーケストラのメンバーとしてヨーロッパ6か国ツアーに参加。ソロアルバムで19枚のCDがリリースされ、特選盤多数。東京藝術大学准教授。大阪音楽大学特任教授。桜美林大学客員教授。沖縄県立芸術大学非常勤講師。


西方音楽館友の会 第60回コンサート
鈴木秀美(チェロ)&小倉貴久子(フォルテピアノ)
デユオコンサート

鈴木秀美(チェロ)
小倉貴久子(フォルテピアノ)

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月14日(日) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
L.v.ベートーヴェン : モーツァルトのオペラ《魔笛》から〈恋を知る殿方には〉
によるクラヴィーアとチェロのための7つの変奏曲 変ホ長調 WoO46
L.v.ベートーヴェン : チェロとクラヴィーアのためのソナタ ト短調 第2番 Op.5-2
W.A.モーツァルト:パイジェッロのオペラ《哲学者気取り、または星占い師たち》から〈主よ、幸あれ〉による6つの変奏曲 へ長調 K.398
F.シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821(5弦のチェロ・ピッコロを使用)
お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

鈴木 秀美(すずき ひでみ):チェロ

チェロ、指揮、執筆、録音ディレクター、後進の指導と活動は多岐にわたり、サントリー音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。主要な古楽団体でメンバーや首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立し、自身のレーベル《アルテ・デラルコ》からその録音や室内楽等をリリース中。国内外のオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。山形交響楽団首席客演指揮者。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では」(アルテス・パブリッシング)。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科講師。


小倉 貴久子(おぐら きくこ):フォルテピアノ

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞つき首席卒業。日本モーツァルト音楽コンクールピアノ部門第1 位。ブルージュ国際古楽コンクールアンサンブル部門及びフォルテピアノ部門第1 位と聴衆賞受賞。40 点以上リリースのCDの多くが各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉受賞 。第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門【独奏・独唱部門賞】受賞。第48回JXTG音楽賞【洋楽部門奨励賞】受賞。著書にカラー図解『ピアノの歴史』他。シリーズコンサート「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」開催中。東京藝術大学古楽科非常勤講師。http://kikuko-mdf.com


西方音楽館友の会 第61回コンサート
国際古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサート

元栃木[蔵の街]音楽祭実行委員会所有チェンバロ(横田誠三作)を活かすことを主軸に、イタリア:スカルラッティ、ヴィヴァルディ、ドイツ:バッハ父子といったバロック後期から終焉の作品を、ソロとアンサンブルでお聴きいただきます。

お詫び

第4回西方音楽祭4月20日(土)14:30~国際古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサートにおいて、チェロの島根朋史が出演できなくなりました。その代わり、当初イタリアン1台の予定でしたが、チェンバロ奏者2人 河本祥太郎と辛川太一が、2台のチェンバロ(横田誠三氏作イタリアンとフレミッシュ)を使い分けます。・イタリアン二段は、元栃木[蔵の街]音楽祭実行委員会所有、現栃木市所有、横田誠三2001年作・フレミッシュ一段(8`,8`,4`)は、今年2月2日西方音楽館に入ったチェンバロ、横田誠三1979作

チェンバロ:河本祥太朗(こうもとしょうたろう)
辛川太一(からかわたいち)
チェロ&ガンバ:島根朋史(しまねともふみ)

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月20日(土) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
島根朋史&河本祥太朗

スカルラッティ:チェンバロ・ソナタ K 132, 133, 208, 58

D.スカルラッティ:ガンバとチェンバロのためのソナタ K 88

W.F.バッハ:ファンタジー  F 21

島根朋史&河本祥太朗

ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ RV 42

(楽器の話 ガンバ、チェロ、チェンバロ)

J.S.バッハ:半音階的ファンタジーとフーガ BWV 903

C.P.E.バッハ:ヴュルテンベルク・ソナタ 1番 Wq 49/1

お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

島根 朋史 (しまね ともふみ) :チェロ

バロック・古典・現代の三刀流チェロ奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、編曲家。 東京藝術大学附属高校、大学を経て、大学院修士課程修了。パリ・エリック・サティ音楽院にて古楽科修了。現在、東京藝術大学博士課程在籍。A.ビルスマ、E.バルサ、C.プリュボウ、鈴木秀美、福沢宏ら諸氏に師事。同声会賞、大学院アカンサス音楽賞受賞。
パリ歴史美術館、東京文化会館にてリサイタルを開催。NHKららら♪クラシックに古楽演奏及び解説者として出演。
古楽オーケストラLa Musica Collana首席奏者。弦楽アンサンブルTGSメンバー。チェロカルテットCasty編曲者・1stチェロ奏者。日本弦楽指導者協会正会員。
第31回国際古楽コンクール〈山梨〉アンサンブル部門で、La Musica Collanaメンバーとして審査員奨励賞受賞。


河本 祥太朗 (こうもと しょうたろう):チェンバロ

兵庫県西宮市出身。高校在学時に古楽に興味を持ち、チェンバロを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科(ピアノ専攻)を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)4年に在籍。これまでにピアノを崎谷明弘、崎谷千恵、荒木美佳の各氏に、チェンバロ、通奏低音を下西美都、広澤麻美、大塚直哉の各氏に師事。またシェティル・ハウグサン、ヴィオレーヌ・コシャール各氏のレッスン、マスタークラスを受講。大学の推薦により平成30年度公益財団法人青山音楽財団奨学生。 第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位入賞、アンサンブル部門でLa Musica Collana メンバーとして審査員奨励賞受賞。


辛川 太一 (からかわ たいち):チェンバロ

兵庫県明石市出身。6歳よりピアノを始め、9歳でチェンバロに出会う。東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)卒業。アカンサス音楽賞、三菱地所賞および安宅賞を受賞。現在同大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。ピアノを島敏子氏に、チェンバロ、通奏低音を大塚直哉氏に、オルガンを廣江理枝氏に、室内楽を鈴木秀美、野々下由香里、福澤宏、若松夏美の各氏に師事。アリーン・ジルベライシュ氏、クリスティーネ・ショルンスハイム氏等のマスタークラスを受講。2018年ブルージュ国際古楽コンクール・セミファイナリスト。スタジオピオティータ・レジデントアーティスト。古楽オーケストラ La Musica Collanaメンバー。東京藝術大学バッハカンタータクラブ副演奏委員長。日本チェンバロ協会会員。第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位。


西方音楽館友の会 第62回コンサート
歌とギターによる~「野ばら」から「小さな空」へ~

歌:大塚道子(メゾソプラノ)
ギター: 小川和隆

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月21日(日) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
歌とギター

メンデルスゾーン:歌の翼に

シューベルト:野ばら、セレナーデ 

ロシア民謡:悲しき天使、ともしび、カチューシャ

武満徹:小さな空、〇と△の歌、死んだ男の残したものは、翼

ギター・ソロ

ソル:月光、魔笛の主題による変奏曲

ロシア民謡:2つのギター

お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

大塚 道子(おおつか みちこ):メゾ・ソプラノ

平成26年奏楽堂日本歌曲コンクール第一位、合わせて中田喜直賞、木下保金メダル賞受賞。平成23年同コンクール審査員特別賞、平成24年同コンクール入選。 宇都宮大学卒業。ドイツリート及び日本歌曲によるリサイタルを開催。“日本歌曲に求める無限の楽しみ”と題する日本歌曲シリーズ(神楽坂音楽の友ホール)、ロシア歌曲コンサート(高崎市)、ベートヴェン「第九」モーツァルト「戴冠ミサ」アルトソロ、飯田隆作曲オペラ「真説カチカチ山」等に出演。
三縄みどり氏、塚田佳男氏、ロシア歌曲を岸本力氏に師事。
現在、演奏の傍ら、合唱団指導、また栃木青少年音楽研究会会長としてコンクール開催などの活動をしている。
栃木合唱団、青空ハーモニーコーラス指導者。
栃木青少年音楽研究会、「響」、日本歌曲<友>の会会員、社団法人日本演奏連盟所属。


小川 和隆(おがわ かずたか):ギター

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。第22回東京国際ギターコンクール第1位。ギターを小原聖子に師事。スペインにてナルシソ・イエペスに十弦ギターを学ぶ。ソロのほか、歌や他の楽器とのアンサンブルで活動の場を広げている。 6枚のソロCDと曲集などを発表。2017年9月発表のハーモニカの崎元讓とのデュオによるCD「優しき玩具」はレコード芸術誌の特選盤となる。
また「野口体操」を基に、身体の自然な動きと重力にのっとった奏法の研究を続け、演奏・教授に活かしている。
公益社団法人日本ギター連盟評議員。スエルトン・ギタースクール(八王子)主宰。西方音楽院(栃木)、NHK文化センター、朝日カルチャーセンターなどの講師を務める。


西方音楽館友の会 第63回コンサート
モーツァルト
フォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ全曲演奏会シリーズ
~シリーズ・最終回~

ヴァイオリン声部が、ピアノソナタの伴奏声部として付加された萌芽期から、フォルテピアノと対等の声部として飛躍的に本領を発揮する成熟期までを、当時の響きで、毎回異なる視点から作品を選んでお届けするシリーズの最終回。西方公演では、公開レッスンを行います。

羽賀 美歩(フォルテピアノ)
廣海 史帆(バロックヴァイオリン)

場所日時
2019年5月19日(日)
開場14:00 開演14:30
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
2019年5月27日(月)
開場18:30 開演19:00
場所:近江楽堂(東京オペラシティ内)
チケット
全席自由 前売り¥3,500(当日券4,000円)
学生¥1,800(25歳まで。中学生以上は、学生証提示)
※未就学児の入場不可。
曲目
KV9 ト長調
KV28 ハ長調
KV296 ハ長調
今まで演奏した作品の中から 2 人が選んだ一押しの作品
お申込
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855
■近江楽堂(松木アートオフィス)
03-5353-6937(近江楽堂のみの取り扱い)

使用するのは古楽器、バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ。フォルテピアノは、モーツアルトやベートーヴェンも愛用したA.ヴァルターのレプリカ。



廣海 史帆(ひろみ しほ):バロック・ヴァイオリン

東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程古楽科を修了。これまでに、佐々木晶子、久合田緑、田中千香士、原田幸一郎、若松夏美、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。 第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞し、その記念リサイタルを行う。200708年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団より奨学金を受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。 NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加するなど、古楽、モダンを問わず様々な演奏活動をしている。


羽賀 美歩(はが みほ):フォルテピアノ

愛知県名古屋市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。
2011年、クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年、ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位。伴奏ピアニストとしては第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて優秀共演者賞を受賞する。
現在は古楽器フォルテピアノ奏者としての活動のほか、器楽や声楽の伴奏ピアニストとしても多数の演奏家と共演している。
2015年6月には小倉貴久子氏との連弾による浜松市楽器博物館コレクションシリーズCD「美しいアップライトピアノ〜連弾の悦び〜」が発売。


【同日開催】ヴァイオリンとフォルテピアノの公開レッスン

日時
2019年5月19日(日)16:45〜17:45
受講料
1人20分〜30分 ¥3,000
聴講料¥500
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

西方音楽館友の会 第64回コンサート
久元祐子 モーツァルト・ソナタ全曲演奏会シリーズ Vol.5

モーツァルトの専門家でもあるピアニスト久元祐子のモーツアルト ピアノソナタ 全曲演奏会シリーズの第5回目。西方音楽館常設のニューヨークスタインウェイで、正統的、かつ美しいモーツァルトの演奏をお楽しみいただきます。コンサート後、いつものように公開レッスンも行います。この度は、日本モーツァルト愛好会にも、ご後援いただきました。

久元 祐子(ピアノ)

場所日時
2019年9月23日(祝・月)
開場14:00 開演14:30
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由 前売り¥3,500(当日券4,000円)
     学生券¥1,800(25歳まで)
※未就学児の入場不可。
曲目
F.J.ハイドン

ピアノ・ソナタへ長調 Hob.ⅩⅥ:23

W.A.モーツアルト

ピアノ・ソナタへ長調 KV280(189e)

F.J.ハイドン

ピアノ・ソナタ変ホ長調 Hob.ⅩⅥ:52

W.A.モーツアルト

ピアノ・ソナタ変ロ長調 KV570

ピアノ・ソナタニ長調 KV576

お申込
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855



【同日開催】ピアノの公開レッスン

日時
2019年9月23日(祝・月)コンサート終了後
受講料
1人20分〜30分 ¥3,000
聴講料¥500
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

久元 祐子 YUKO HISAMOTO

東京芸術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。
ウィーン放送交響楽団、ラトビア国立交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、ウィーン・サロン・オーケストラ、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。 知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受けている。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。
ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などを所蔵。歴史的楽器を用いての演奏会や録音にも数多く取り組み、それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。
2010年、ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルを使っての演奏会に出演。軽井沢・大賀ホールにおいて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾りベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。
国立音楽大学創立90周年記念楽器学資料館ピアノプロジェクトとして2013年に開催されたレクチャーコンサートで歴史的楽器5台を使用したコンサートに出演し、2014年には「黎明期のピアノ~プレイエル、シャンツ、ブロードウッド」(サントリーホール・ブルーローズ)に出演。
2012年、2014年イタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。
これまでCD12作をリリース。「優雅なるモーツァルト」は毎日新聞CD特薦盤、レコード芸術特選盤に選ばれ、「ベートーヴェン”テレーゼ””ワルトシュタイン”」はグラモフォン誌上で「どこからどう考えても最高のベートーヴェン」など高い評価を得る。
著書に「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテスパブリッシング)、「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」「ショパンとプレイエル・ピアノ」「リストとベーゼンドルファー・ピアノ」(いずれも学研プラス)など。
国立音楽大学教授 日本ラトビア音楽協会理事、PTNA評議員。
久元祐子ウェブサイト http://www.yuko-hisamoto.jp/


篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器












「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ