HOME > これからのコンサート&イベント

これからのコンサート&イベント

西方音楽館友の会 第48回コンサート
モーツァルト
フォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ全曲演奏会シリーズ第3
~変奏曲を巡って~

 

ヴァイオリン声部が、ピアノソナタの伴奏声部として付加された萌芽期から、フォルテピアノと対等の声部として飛躍的に本領を発揮する成熟期までを、当時の響きで、毎回異なる視点から作品を選んでお届けします。
今回は、変奏曲を含むソナタ及び変奏曲。
使用するのは古楽器、バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ。フォルテピアノは、モーツアルトやベートーヴェンも愛用したA.ヴァルターのレプリカ。
廣海史帆さんは、栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞者。その受賞コンサートで伴奏なさったのが羽賀美歩さんです。

羽賀 美歩(フォルテピアノ)
廣海 史帆(バロックヴァイオリン)

場所日時
2017年11月5日(日)
開場15:00 開演15:30
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
2017年12月11日(月)
開場18:30 開演19:00
場所:近江楽堂(東京オペラシティ内)
チケット
全席自由 前売り¥3,500(当日券4,000円)
※未就学児の入場不可。
曲目
KV 31 変ロ長調
KV305 イ長調
KV 377 へ長調
KV 481 変ホ長調
KV547 へ長調
KV359 ト長調
お申込
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855
■近江楽堂(松木アートオフィス)
03-5353-6937(近江楽堂のみの取り扱い)

使用するのは古楽器、バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ。フォルテピアノは、モーツアルトやベートーヴェンも愛用したA.ヴァルターのレプリカ。




廣海 史帆(ひろみ しほ):バロック・ヴァイオリン

東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程古楽科を修了。これまでに、佐々木晶子、久合田緑、田中千香士、原田幸一郎、若松夏美、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。 第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞し、その記念リサイタルを行う。200708年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団より奨学金を受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。 NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加するなど、古楽、モダンを問わず様々な演奏活動をしている。


羽賀 美歩(はが みほ):フォルテピアノ

愛知県名古屋市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。
2011年、クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年、ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位。伴奏ピアニストとしては第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて優秀共演者賞を受賞する。
現在は古楽器フォルテピアノ奏者としての活動のほか、器楽や声楽の伴奏ピアニストとしても多数の演奏家と共演している。
2015年6月には小倉貴久子氏との連弾による浜松市楽器博物館コレクションシリーズCD「美しいアップライトピアノ〜連弾の悦び〜」が発売。


大人も子供もわらべうた

わらべうたは大人が遊んでも楽しいものです。大人同士の親睦を図るのにも最適な遊びで
す。老若男女を問わず一緒にわらべうた遊びで楽しいひと時を過ごし、遊んだわらべうた
で声を合わせて心を合わせて、コーラスも楽しみます。完成したコーラスを、ギター伴奏
で最後に皆で演奏します。
オカリナやギターの演奏も合間に交えて、美しい、心打つ調べに、共に耳を澄ませるひと
時も持ちます。

演奏

ギター:小川和隆
オカリナ:山村多恵子、中新井紀子(補助)
わらべうた:中新井紀子

日時
2017年11月23日(木・祝)
14:30〜16:30
参加費
子供から大人まで。1人1,500円 定員30名
(子供は、手をつないで歩いたり、一緒に歌える年齢の子)
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
プログラム
14:30〜 ギター演奏
14:40~ わらべうたで遊ぼう!

かりかりわたれ(つながり遊び)、なべなべ(2人→集団遊びへ)、ひとめふため(紙風船つき遊び)、どんどんばし(橋くぐり)

15:10~ わらべうたを歌おう!
15:25~15:40 休憩 コーヒータイム
15:40~ オカリナ演奏
15:50~ わらべうたでコーラスしよう!

遊んだわらべうたを、2声で歌う。オカリナ2つ(山村、中新井)で各声部の音を取り、2声で歌う練習。

16:20~ギター伴奏でコーラス(オカリナの補助なし)
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

赤ちゃんとお母さんのための音楽会

わらべうたを歌って、お母さんと一緒に遊んだり、ピアノ、フォルテピアノ、チェンバロ、小型パイプオルガン、オカリナの音楽に耳を澄ませたり、お母さんが子守唄を覚えたり、親子で音楽で遊ぶ会です。お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんの参加も歓迎します。

演奏

わらべうたと演奏:中新井紀子

日時
2017年11月29日(水)11:0011:45
2018年1月17日(水)11:0011:45
2018年3月7日(水)11:0011:45
参加費
お子様(0歳から2歳児)1人500円
大人(お兄ちゃん、お姉ちゃんも)1人1,000円
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール&馬酔木(あしび)の蔵
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センター TEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館 TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館 TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホール TEL:0282-27-8855

わらべうたのクリスマス会

親子でわらべうたで遊び、クリスマスの歌を歌い、クリスマスの絵本を読み聞かせ、合間にピアノ、フォルテピアノ、チェンバロの演奏を聴き、クリスマスをお祝いします。

演奏

わらべうたと演奏:中新井紀子

日時
2017年12月16日(土)
10:3011:30 0歳児から2歳児のお子様と保護者の方)
14:0015:00 3歳児以上のお子様と保護者の方)
参加費
0歳児から2歳児 500
3歳児以上大人まで 1,000円(要予約)
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センター TEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館 TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館 TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホール TEL:0282-27-8855

木洩れ陽音楽談話

生演奏とコーヒーとお菓子で心安らぐひと時はいかが?

演奏

中新井 紀子(ピアノ、フォルテピアノ、チェンバロ、小型パイプオルガン)

日時
第26回 2018年1月30日(火)
第28回 2018年5月15日(火)
11:00~14:00までの間、演奏中以外は、いつでも出入り自由
昼食の持ち込み可
定員15名・要予約
生演奏
11:00〜11:20/13:00〜13:20
参加費
お一人様1,000円(コーヒー、お菓子付き)
場所
西方音楽館 馬酔木の蔵、木洩れ陽ホール
備考
演奏中以外、出入り自由
昼食の持ち込み可
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

第27回 木洩れ陽音楽談話室 特別企画

生演奏とコーヒーとお菓子で心安らぐひと時はいかが?

演奏

中新井 紀子(ピアノ、チェンバロ、小型パイプオルガン)

日時
第27回 2018年2月27日(火)
11:00~14:00までの間、演奏中以外は、いつでも出入り自由
昼食の持ち込み可
それぞれ定員15名・要予約
生演奏
11:00〜11:20/12:30〜12:50
参加費
お一人様1,000円、両方聴く方は1,500円
場所
西方音楽館 馬酔木の蔵、木洩れ陽ホール
備考
演奏中以外、出入り自由
昼食の持ち込み可
特別企画
12:30〜
ピアニスト成岡明子によるピアノとチェンバロの演奏。
成岡 明子(なるおか めいこ):桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。神奈川県立音楽堂推薦音楽会、新人演奏会出演。内藤彰指揮ニューシティ管弦楽団とコンチェルトで共演。
2006年、2009年に横浜にてリサイタル開催。2012年、2014年、2016年、東日本大震災復興支援リサイタル「祈りのバッハ」を 開催。ピアノを中山靖子氏、米本えり氏、奈良康佑氏、チェンバロを坂 由理氏に師事。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室「相模原教室」にてピアノとソルフェージュを指導。東京都市大学非常勤講師。全日本ピアノ指導者協会正会員
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)

 篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
 クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
 故小島芳子愛用の名器



 







「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。