2017年1月より音楽合宿所を始めます。

詳細は施設のご利用についてをご覧ください。

 

2017年4月8-9日,15-16(土,日)
第2回 西方音楽祭

詳細はこちら
チケット: 1公演につき¥3,500
(2公演以上聴く方は1公演3,000円。当日券4,000円。要予約)
※お花見わらべうた以外は、未就学児入場不可
場所:西方音楽館

【2017年コンサート予定】
●西方音楽館友の会第42回コンサート
モーツァルト フォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ全曲演奏会シリーズ第2
~短調が印象的なプログラムで~
2017528日(土)15:00~ 西方音楽館
2017529日(月)19:00~ 近江楽堂(東京オペラシティ内)
廣海史帆:バロックヴァイオリン 羽賀美歩:フォルテピアノ

●西方音楽館友の会第43回コンサート
2017611日(日)
3台のリュートのためのデュエット
佐藤豊彦 櫻田亨 佐藤美紀

●西方音楽館友の会第44回コンサート
201785日(土)
久元祐子モーツアルトピアノソナタ全曲演奏会シリーズ第3
 ~公開レッスン付き~
(西方音楽館ニューヨークスタインウェイB使用)

●西方音楽館友の会第45回コンサート
2017820日(日)
ハーモニカ、オカリナ&ギターコンサート
坂元譲:ハーモニカ 小川和隆:ギター 山村多恵子:オカリナ

●西方音楽館友の会第46回コンサート
201799日(土)
川口成彦フォルテピアノリサイタル

●西方音楽館友の会第47回コンサート
2017101日(日)
古楽アンサンブル「ムジカ・レセルヴァータ」コンサート
~子供のためのおまけのコンサート付き~
国枝俊太郎:フラウト・トラベルソ 小野萬理:バロックヴァイオリン 高橋弘治:バロックチェロ 岡田龍之介:チェンバロ


NMS研究会:西方音楽館友の会内に、西方音楽院主導で、専門的&小さな催しを行う会を設けました。

横山 博 ピアノリサイタル 

Debussy 沈黙への前奏曲

詳細はこちら
2017年2月19日(日)15:30開場 16:00開演 場所:西方音楽館  木洩れ陽ホール
2017年2月28日(火)18:30開場 19:00開演 場所:sonorium (東京・永福町)

チケット:前売り3,000円、当日券3,500円(全席自由・税込)

詳細はこちら
第22回 木洩れ陽音楽談話室  2017年3月7日(火)
第23回 木洩れ陽音楽談話室  2017年5月10日(水)
第24回 木洩れ陽音楽談話室  2017年8月24日(木)
第25回 木洩れ陽音楽談話室  2017年10月17日(火)
各回とも11:00〜14:00
生演奏11:00〜11:30/13:00〜13:30
参加費:お一人様 1,000円(コーヒー・お菓子付き)
場所:西方音楽館 馬酔木の蔵、木洩れ陽ホール

詳細はこちら
2017年2月25日(土)
開場13:30/開演14:00
チケット:全席自由  大人 3,000円 小学生 1,500
※未就学児の入場はご遠慮いただきます
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール

2017.02.06
2016.12.13
2016.10.11
2016.05.30
2016.02.18
2015.10.09
2015.04.17
2015.03.06
2014.11.06
2014.08.01
2014.07.10
音楽の友7月号に西方音楽館が載りました
音楽の友7月号148~149ページに、西方音楽館が載りました。
「ひとりの情熱(中新井紀子)と円熟の匠(永田穂氏)が出会った空間」
「音響の匠(永田穂氏)が辿り着いた所」
という、捉え方がなされています。
目次では、誤って前号のマグノリアホールと出ていますが、正しくは西方音楽館です。
ぜひ、お読みください。
2014.06.10
2014.04.01
西方音楽館経営安定化のため、2014年4月より、レッスン代を若干変更させていただきます。
2014.01.25

一覧へ


<2016年4月 「西方音楽院」開校>
2016年4月新しく【西方音楽院】を開校します。学べる科目も増えました。
ピアノ科、チェンバロ科、ヴァイオリン科(モダン及びバロック)、作曲教室、わらべうた教室、オカリナ教室、ギター教室

ギター教室は3月より始まります。
第1、第3 金曜日 → 第2、第4 金曜日に変異なりました。

ヴァイオリン科(モダン、バロック) 講師:廣海 史帆
2016年5月22日(日)14:00~15:00 体験レッスン 参加費 1,000円
info@wmusic.jp あるいは0282-92-2815(西方音楽館)にお申し込みください。

響きの良いホールでのレッスン
幅広い教養を兼ね備えた一流の講師陣



志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。

クリストファー・クラーク1994年製(A.ヴァルター1795年モデル)

故小島芳子愛用の名器

西方音楽館より・・・

2012年2月に西方音楽館が新しく生まれ変わります

新生 西方音楽館について

木洩れ陽ホール

 泰山木、金木犀、椿、せんだんの木等、幾種類もの木々が茂る中に建つホールです。サントリーホール、紀尾井ホール等の音響設計を手がけた、音響設計の第一人者 永田 穂 氏の協力の元、造りました。
ヤマハC7常設。客席約70席。

馬酔木(あしび)の蔵

 築約150年。木造漆喰の蔵。庭に馬酔木があり、春に可憐な花を咲かせます。馬酔木の学名はpieris japonica。pieris はギリシア神話で詩の女神。日本で万葉の時代から美しく歌われてきた花です。
ボックスオルガン(小型のパイプオルガン、オランダ製)常設。客席約40席。

ピアノを弾くのが好きな子、音楽が好きな子を育てたい

・西方音楽館の名前は西方町からとりましたが、この西方(せいほう、元々は宇都宮から見て西方)の田舎から世界に向けて音楽を発信したいという思いが込められています。

・西方音楽館では、2000年より身近に良質の音楽が聴けるコンサートの主催を始め、2001年より「わらべうたクラス」を始めました。

・ ピアノは幼児からシニアの方、まったくの初心者から中・上級者まできめ細かく指導致します ・音大受験生のソルフェージュ、楽典のレッスンも致します。

 篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
 クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
 故小島芳子愛用の名器



 





「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。