HOME > 西方音楽院


●ホールでのレッスン
紀尾井ホールやサントリーホールの音響設計者永田穂氏が、小空間に相応しい美しい響きに仕上げた「木洩れ陽ホール」でのレッスン。

●一流の講師陣
音楽だけにとどまらない教養、豊かな学識を備えた講師陣が、一つの作品から奥深い芸術の世界へ導きます。

●音楽は「ことば」
目指しているのは、「ことば」のように音楽を使ってしゃべれるようになること。音楽の正しい読み書きを身につけ、自分の手から音楽が生まれる喜びを感じてほしい。

ピアノ科(初級から中級程度)&わらべうた

<講師>
中新井 紀子

必要に応じてフォルテピアノやチェンバロも取り入れてレッスンいたします。
子供から大人まで(最高齢者91歳)丁寧に教えます。

ピアノ科&チェンバロ科

<講師>
横山 博

目指しているのは、「ことば」のようにピアノを使って喋れるようになること。
家にチェンバロが無くても、クラヴィコードをレンタルすることによって、無理なく練習を開始できます。

オカリナ教室

<講師>
山村 多恵子

 土地のぬくもりを感じる心地よい響きをあなたも体験してみませんか!?

ギター教室

<講師>
小川 和隆

両方の手で触れるギターは、初めて持ったその日からその人自身の音が出ます。身体に合わせて小さなギターもあります。5歳から80歳過ぎの方まで、どなたでも。
モットーは「行きはワクワク、帰りはウキウキ」

作曲教室

<講師>
木下 大輔

 1年間(4月〜3月まで)の締めくくりとして、作品発表会を行います。
楽しみとして作曲したい方、音楽をより深く知るために学びたい方、専門的に作曲の勉強がしたい方、それぞれに対応いたします。

バロックヴァイオリン(モダンヴァイオリンも可)科 

<講師>
廣海 史帆

丁寧に、根気よく指導します。
ヴァイオリンを美しく奏でましょう!

フォルテピアノ科 

<講師>
羽賀 美歩

バッハの息子たち、ハイドン、モーツアルト、ベートーヴェン初期までの演奏が可能なA.ヴァルターの名器を用いてのレッスン。現代のピアノからは想像もつかない、作曲された当時の音楽の姿の美しさ、面白さに感動することでしょう。繊細な表現能力、指先のしなやかさも養えます。

 篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
 クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
 故小島芳子愛用の名器



 





「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。