HOME > 2018年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第53回コンサート

過去のコンサート&イベント

HOME > 2018年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第53回コンサート

西方音楽館友の会 第53回コンサート
モーツァルト
フォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ全曲演奏会シリーズ スペシャル編
~トリオを中心に~バロックチェロの懸田貴嗣を迎えて

ヴァイオリン声部が、ピアノソナタの伴奏声部として付加された萌芽期から、フォルテピアノと対等の声部として飛躍的に本領を発揮する成熟期までを、当時の響きで、毎回異なる視点から作品を選んでお届けするシリーズの中休み。トリオ編です。フォルテピアノとヴァイオリンとチェロのための三重奏の作品にも、モーツアルトはすぐれた作品を残しています。デュオを中休みし、トリオの名曲をお届けします。ゲスト懸田貴嗣のチェロ・ソロ、名器フォルテピアノのソロにも耳を傾けていただきます。

羽賀 美歩(フォルテピアノ)
廣海 史帆(バロックヴァイオリン)

場所日時
2017年11月5日(日)
開場15:00 開演15:30
場所:西方音楽館 木洩れ陽ホール
2017年12月11日(月)
開場18:30 開演19:00
場所:近江楽堂(東京オペラシティ内)
チケット
全席自由 前売り¥3,500(当日券4,000円)
※未就学児の入場不可。
曲目
KV 31 変ロ長調
KV305 イ長調
KV 377 へ長調
KV 481 変ホ長調
KV547 へ長調
KV359 ト長調
お申込
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855
■近江楽堂(松木アートオフィス)
03-5353-6937(近江楽堂のみの取り扱い)

使用するのは古楽器、バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ。フォルテピアノは、モーツアルトやベートーヴェンも愛用したA.ヴァルターのレプリカ。



廣海 史帆(ひろみ しほ):バロック・ヴァイオリン

東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程古楽科を修了。これまでに、佐々木晶子、久合田緑、田中千香士、原田幸一郎、若松夏美、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。 第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞し、その記念リサイタルを行う。200708年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団より奨学金を受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。 NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加するなど、古楽、モダンを問わず様々な演奏活動をしている。


羽賀 美歩(はが みほ):フォルテピアノ

愛知県名古屋市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。
2011年、クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年、ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位。伴奏ピアニストとしては第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて優秀共演者賞を受賞する。
現在は古楽器フォルテピアノ奏者としての活動のほか、器楽や声楽の伴奏ピアニストとしても多数の演奏家と共演している。
2015年6月には小倉貴久子氏との連弾による浜松市楽器博物館コレクションシリーズCD「美しいアップライトピアノ〜連弾の悦び〜」が発売。


篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器










「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ