HOME > 2017年のコンサート&イベント > 高橋幸江無伴奏ヴァイオリンリサイタル 「魂が動く」 第2回

過去のコンサート&イベント

HOME > 2017年のコンサート&イベント > 高橋幸江無伴奏ヴァイオリンリサイタル 「魂が動く」 第2回

高橋幸江無伴奏ヴァイオリンリサイタル

「魂が動く」 第2回

高橋幸江コンサートシリーズ 日本の心と魂 第2回

高橋 幸江(ヴァイオリン)

日時
2017年2月25日(土)
開場13:30/開演14:00
チケット
全席自由  大人 3,000円 小学生 1,500
※未就学児の入場はご遠慮いただきます
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目

六段の調(八橋検校)

中空砧(宮城道雄)

手事 第1章(宮城道雄)

無伴奏ヴァイオリンソナタ作品27より第1番第2楽章「フガート」、第4番(イザイ)

無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ第2番BWV1004より「シャコンヌ」(J.S.バッハ)

  ※曲目は変更になることがあります。
お申込
■西方音楽館 ※会員の方はこちらまで
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■高橋幸江公式ホームページ  お問い合わせ
TEL:090-5585-6263(高橋)

高橋幸江(ヴァイオリン)

4歳よりヴァイオリンを始める。栃木県出身。東京音楽大学卒業。学生時代に第26回栃木県学生音楽コンクール、第6回日本演奏家コンクール、第1回レガシィ・ヴァイオリンコンクールにおいて第1位を受賞し、レガシィ・ヴァイオリンコンクールでは併せてヤマハ賞、審査員特別賞を受賞。
2007年東京音楽大学より奨学金を得て、ザルツブルグ・モーツァルテウム国際サマーアカデミーに参加、Igor Ozimに師事。
2009年フリーのヴァイオリニストとして活動を開始、ソロ、室内楽、オーケストラ等で演奏する傍ら、ブライダルやセレモニー奏者としても働く。
2011年栃木市に高橋幸江ヴァイオリン教室開室。
2014年MCFオーケストラとちぎに入団。
2015年「バッハ/シャコンヌ」等を収録した1stアルバム「ゆきえ」を発売。同年コンサートシリーズ「日本の心と魂」を、2016年より「J.S.バッハ 大作“無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ”を弾く」を開始。
現在栃木県と神奈川県の二箇所を拠点に、演奏活動および後進の指導に当たっている。またプライベートでは4年前から滝行を行い心身を浄化し、演奏の感覚を深めている。ヴァイオリンを阿久津雅志、尾花輝代充、松原勝也、井上将興各氏に師事。室内楽を横山俊朗、中村静香、大谷康子、齋藤真知亜各氏に師事。

篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器










「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。